VRラーニング

こんなことでお困りでは

◇実機がないがオペレーションの教育・トレーニングを実施したい。
実寸モデルで、疑似工具を使ったメンテナンスの体験が可能です。対象物が大きい、高価、現物がない等の問題を解決し実践に近い空間で技能を習得できます。

VRラーニングのご紹介

VRラーニングとは、VR技術を備えたスマートデバイスを活用し、事前教育のシナリオを組み込んだアプリケーションです。

VR技術とスマートデバイスを融合することで、仮想体験が可能になります。実物がなくても、仮想空間で作業を体験することにより、手順や技術習得として事前学習に活用できます。

2020年2月の展示会で出展予定だった「VRラーニング(電動バイクの分解手順のサンプル)」の操作説明動画を使ってご紹介します。

参考用紹介動画

本動画は、VRラーニングの説明ではなく、サンプルの操作説明用の動画です。

VRのヘッドセットを装着し、仮想空間上の目の前にある電動バイクにむかい、本動画のように分解作業を体験します。VR技術を活用した「手順や技術習得としての事前教育のシナリオや表現」をご参考ください。

ダイテック VRラーニング

使い方

  1. (VRを利用する程度の)十分なスペースを確保します。
  2. VRデバイス「Oculus Quest」のヘッドセットとコントローラーを装着します。
  3. 「VRラーニング」のアプリを起動します。
  4. 「テストモード」か「ナビゲーションモード」を選択します。
  5. ナビゲーションモードでは、仮想空間上に矢印などのガイドが表示され、実際に体験しながら、分解手順を習得できます。
  6. テストモードでは、分解手順のタイムトライアルとなります。手順ミスで減点となり、スキル習得の延長に、分解手順の合否判定としても活用できます。
  7. 仮想空間上の電動バイクで、分解作業を体験します。

ご提供までの期間と流れ

  1. アプリ起動後のシナリオを考えます。(例えば、電動バイクの分解手順で、モード活用)
  2. VRのコンテンツをご提供頂きます。(例えば、電動バイクの3Dデータ)
  3. VRの背景をご提供&撮影させて頂きます。(例えば、修理現場など)
  4. シナリオに沿ったAndroidのアプリを開発し、ご提供します。
    →目安としては、「VRラーニング(電動バイクの分解サンプル編)」の開発の場合、全コンテンツをご提供頂き、約8週間での仕上がりでした。
コンテンツ・作業内容役割・担当
3DSデータ
→CADデータ取り込めるデータ形式
メーカ様ご提供
360度写真
→VRデバイスの仮想空間の背景に利用します
当社撮影
(メーカ様撮影場所提供のご協力)
3DCG・アニメーション
→3Dでの動きや色などを付与します
開発パートナー様
デバイス:2019 Oculus Quest
・オールインワンモデル(PC接続不要)
・6DoF対応のヘッドセット
OS:Andoroid
使用VRエンジン:Vuforia
取材・シナリオ作成
→電動バイクの分解手順の原稿を作成します
当社制作

資料のダウンロード